このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター
  • よくある質問(Q&A)
  • サイトマップ
  • トップページ

サイトメニューここまで


本文ここから

さい帯血とは

更新日:2016年2月8日

さい帯血とは、お母さんと赤ちゃんを結ぶさい帯(へその緒)と胎盤の中に含まれる血液のことです。
その中には、血液細胞を作り出すもとである「造血幹細胞」がたくさん含まれています。

さい帯血とは

血液のがん・白血病などの重い血液疾患は、今では造血幹細胞移植や化学療法の進歩により、完治も期待できるようになりました。
出産時に提供していただいたさい帯血を、患者さんに移植して命を救うことができます。
移植に使うためのさい帯血の保存と供給はさい帯血バンクで行っています。
さい帯血、さい帯血バンクについてはこちらのリーフレットもご覧下さい。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。さい帯血バンク紹介リーフレット「命の絆~Cord of Life~」

本文ここまで


ページトップへ
以下フッターです。
Copyright © 2012 Japanese Red Cross Kanto-Koshinetsu Block Blood Center All righrs reserved.フッターここまでこのページのトップに戻る